スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災と化学物質過敏症


 大震災、CS患者にとっても深刻です。

 私の場合、今月の北里大学研究所病院受診日が近づいていますが、都心へのアクセスが不安ですし、

放射能が心配で家の換気を控えているので、化学物質の濃度が幾分濃くなっているような気がします。


 被災者の場合はもっと深刻で、家の倒壊による粉じん、アスベストの飛散など、CS患者への困難は続いていると思われます。

 元の平和な日本が戻ってくることを願ってやみません。
スポンサーサイト

【CS17年男】体調とケミレスフリー住宅建設の現状


 こんにちは。

 体調はまずまずといったところ。夏よりは冬のほうがだいぶいいみたいです。CSは自律神経失調を併病しやすいので、特に今年は暑かった為、体調が悪かったのかな、と思います。


 さて、ケミレスフリーの住宅建設ですが、たくさんのご相談をいただき、とりあえずこれ以上の対応は不可能であるため、一旦休止とさせていただきます。HPも休止です。


 問い合わせが25件で、具体的に計画段階にあるのが3組の方です。

 難しい問題であるだけに、少しでもリスクがあると判断された場合は、泣く泣くお断りいたしました。気を悪くされていないといいのですが…。

 

【CS17年男のつぶやき】無理解について

さて、秋の長雨、CS患者の私には幾分過ごしやすい天気の中、少しよしなしごとを思考する余裕がでてきたので、今回は「CSに対する無理解」について。

化学物質過敏症。私の中では、意外に短い時間で、ここまで世間に知られるようになったなぁー、というのが正直なところです。

私の発症当時日本でほとんど知られてなかったこの病気がたったの17年で、保険適用にまでなるとは。これは途方もない成果です。

患者、医師、NPO、インターネット、マスメディアなどへの連携、というよりも、いい意味での連鎖が、加速度的に知名度を上げる大きな要因だったのではないかとおもいます。

これがCSをマクロな視点から眺めた私の感想です。



それを踏まえた上で、返す刀でミクロの視点へ。

CSというのは本当に難しいですね。病魔そのものとの戦い、それと同等かそれ以上に難しいのが周囲の方の無理解や偏見との戦い。

それも相手に悪意がないだけに余計に手強い。

知識として「化学物質に弱い人がいる」と知っていたとしても、ではその「化学物質に弱い人」がこの化学物質まみれの現代社会で生きることがどれだけ困難かを理解していることには全くつながらない。

人間の想像力のレベルなんてそんなものなんだよなぁ、と、こんな当たり前な事実に、この歳になって改めて失望してしまうのです。

「話せばわかる」

このような言葉をその深さを知らずにもてあそぶのは、厳に慎もうと思った秋の夕暮なのでした。

【CS17年男の挑戦】またも化学物質過敏症の難しさを痛感・・・

 暑さもだいぶ和らいで、体調も復調してきました。ブログを更新する意欲もやっとわいてきましたので、マイペースで再開させていただきます!


 さて、主題のシックハウス・CS患者にも住める住宅についてですが、ご相談に乗るうちに、この病気の難しさを改めて痛感させられています。

 それは、現れる症状が多種多様で、その軽重も千差万別過ぎるのです。


 当然そうであることは認識していたのですが、現実にその事実に直面すると、正直へこみます。


 ご相談いただくメールを拝見していると、17年間CSで苦しんでいる私よりも、質的にはもっと重症の方もおられ、またはそういった方には、私の経験でもって、安易に住宅建設を薦めることが怖くてできないのです。



 私は、医者ではなく、すべてのCS患者を救う、もしくは和らげる力はありません。いや、どんな名医でも、この病気に完全に対応できるレベルにはないことを、CS患者の方であれば、いやというほど痛感させられているでしょう。

 私のできることは、自分と同じように、既存の住宅には住めない方で、新たに住める住宅を求めるだけの意欲と金銭的余裕があるぐらいのレベルの方に知識と経験をお教えすることだけです。

 CS患者の中には、生きる意欲すら奪われ、パソコンでメールをするのも困難な方もいます。


 CSの為、働くことが困難、もしくは全くできず、金銭的に余裕がない方が多いです。

 
 その制約の多さとそれにともなう守備範囲の狭さ、自分の無力さに改めて失望します。




 しかし、だからといって何もしないわけにはいかない。それでは何の解決にもならない。

 小乗仏教の思想で、自分ができることをできる範囲でやるしかないと思っています。



 人生は重い荷物を背負いて行くが如し、です。


 

 

 

 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

北里研究所病院での検査結果


最近かなり体調がわるいです。

夏場は、特に畳から有害な化学物質が揮発するようで、まいります。

北里研究所病院での平行機能検査も、最悪に近い結果で、目を瞑ると立っているのがやっとです。


最近少し飛ばしすぎたので、秋に向けてマイペースに近づけて行きます。

私の名前

シックハウス・CS歴17年の男

シックハウス・CS歴17年の男

妻、長男(5歳)、次男(1歳)を抱える無職、33歳男。
時間だけはたっぷりあるので、CSで苦しんでいる人やシックハウスが心配な方の生活相談・住宅相談にのりたいと思い、このブログを立ち上げました。よろしくおねがいします。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ

↑応援クリックお願いします。
メールによる質問、相談はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
シックハウスについての本
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。