スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CS17年男のつぶやき】無理解について

さて、秋の長雨、CS患者の私には幾分過ごしやすい天気の中、少しよしなしごとを思考する余裕がでてきたので、今回は「CSに対する無理解」について。

化学物質過敏症。私の中では、意外に短い時間で、ここまで世間に知られるようになったなぁー、というのが正直なところです。

私の発症当時日本でほとんど知られてなかったこの病気がたったの17年で、保険適用にまでなるとは。これは途方もない成果です。

患者、医師、NPO、インターネット、マスメディアなどへの連携、というよりも、いい意味での連鎖が、加速度的に知名度を上げる大きな要因だったのではないかとおもいます。

これがCSをマクロな視点から眺めた私の感想です。



それを踏まえた上で、返す刀でミクロの視点へ。

CSというのは本当に難しいですね。病魔そのものとの戦い、それと同等かそれ以上に難しいのが周囲の方の無理解や偏見との戦い。

それも相手に悪意がないだけに余計に手強い。

知識として「化学物質に弱い人がいる」と知っていたとしても、ではその「化学物質に弱い人」がこの化学物質まみれの現代社会で生きることがどれだけ困難かを理解していることには全くつながらない。

人間の想像力のレベルなんてそんなものなんだよなぁ、と、こんな当たり前な事実に、この歳になって改めて失望してしまうのです。

「話せばわかる」

このような言葉をその深さを知らずにもてあそぶのは、厳に慎もうと思った秋の夕暮なのでした。

私の名前

シックハウス・CS歴17年の男

シックハウス・CS歴17年の男

妻、長男(5歳)、次男(1歳)を抱える無職、33歳男。
時間だけはたっぷりあるので、CSで苦しんでいる人やシックハウスが心配な方の生活相談・住宅相談にのりたいと思い、このブログを立ち上げました。よろしくおねがいします。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ

↑応援クリックお願いします。
メールによる質問、相談はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
シックハウスについての本
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。